« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

観劇レポ

去る6月24日に行って参りました!!
「カリギュラ」以来のシアターコクーン(●^o^●)
歌舞伎に関しては1年以上観ていなかった気がします。
久々の歌舞伎…
ウチのママが「行きたい」と言い出し。
今回の観劇が決まりました。

演目はコチラ↓↓↓


Cocoon200806b_handbill_1

この演目、 1996年の第二回コクーン歌舞伎で初演され、
2003年に再演…そして、NY
今年の5月にはベルリン・ルーマニアと世界でも公演された人気の演目。
私はテレビのドキュメンタリーでNY公演の模様を見ていて
「いいなぁ~見てみたいな(>_<)」と思っていた演目なので
夢が叶った♪♪って感じでした。

そして、ママも同じ番組を見ていたし
実は歌舞伎初体験のウチのママ…
はしゃいじゃってる感じが母親ながら可愛かった。

ご贔屓にさせて頂いている役者さんにチケットを取って頂いているので
席がまた、良い所なんですゎ!!!!
真横をママも知っている役者さんが通り興奮気味なママ。
聞けば「コンサート」は多いが「舞台」は未経験に近いらしく
役者さんとの距離に驚いてました。

コクーン歌舞伎は伝統的な歌舞伎とは演出も違いますし、
ちょっと【特殊】は特殊かもしれないんだけど…
現代劇の演出家さんが歌舞伎を演出してますしね。

開演の5分前くらいから、役者さんが一般客の出入口から
チラホラと入って来るんですよ!
アッチラからも、コチラからも…気づくと席に腰を掛けていたり。
それも“演出”の1つなんですが。
役者さんがお客さんに話しかけたりしつつ…
開演時間になると、自然と主となる「物語」が始まっていて。
一般客の洋服姿の人と和服姿の役者さんが並んで通路を歩いたり
そんな中始まるんですよ!!!「あっ…始まってる」みたいなね。

内容は夏祭りでの出来事をキッカケに進んでいく物語で
本物の泥水に義父を殺し、沈めてしまう…
そんなダークな部分もありつつも
まさに「エンターテイメント」です!!
って伝統芸能に横文字もないか(;一_一)

とにかく、見せ場が要所要所に散りばめられ
飽きず、笑いも絶えない舞台でした。

ただ、泥水でのシーンに関しては物語の中でも「異色」

だって、ステージも会場も電機は落とされ
『ろうそく』の炎のみの明るさでの演技…
緊迫感をより煽り、異様な不気味さや恐ろしさがありました。
圧巻だったのは、その少ない光の中でもシッカリと魅せてくれる
中村勘三郎さんと笹野高史さんの演技。
無言で続くシーンもあるんですが…
黒子さんが2人を追いかけつつ照らし、
その中で緊迫の演技。迫力がありました。

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/other/2008/06/post_15.html
↑↑
見どころとか解説が載っているので、興味のある方はどうぞ!

ラストシーンは意表を突く演出で笑いあり、笑いあり、笑いあり。。。
本当に驚いたりしちゃうから思わず「わぁ!」って声が出ちゃったり。
それにしても、毎回観劇して思うのですが…
勘三郎さんの圧倒的な存在感とそれを引き立てる脇を固める役者陣。
凄いね。顔を覆っていても存在感でわかるもん。

笑いありって3回連続で書いたけど、ホントに笑えた。
でも「ぐわっ!」っ心を持っていかれるの!
今でもあの梯子のシーンは目に焼き付いて離れない。

座席的には真ん中の右寄りの席だったんだが
まさに、その梯子のシーンは目の前で行われ…
さすがに「良い席」を実感しました。

奥様、いつもありがとうございます。


そんな、こんなで大興奮のまま、舞台は終演。

カーテンコールもあり、スタンディングオベーション!
若者が多かったのか?外人さんが多かったのか?
「フォ~」って声が至る所から聞こえ
歌舞伎を観たんだよね?!ってちょっと疑問に思うくらい
会場は熱気に包まれ、異様なテンションでした。

席を立って、出口では奥様にまたご挨拶。
開演前、幕間、終演後・・・
お気づかい頂き、色々とお話しをさせて頂きました。
ママにしてみたら、初体験で!
なんだか優越感を感じたのか、劇場を後にする時は誇らしげでした。

22日がママの誕生日だったので、
良い誕生日プレゼントになったのかも…
って、言ってもチケット代はママが出してくれたんですが(-_-;)

テンション上昇ついでにその夜は仕事を終えた叔母も合流し
3人で焼肉を食べに行き、その後デパ地下でケーキを購入。
エンゲル係数とカロリーの高い一日でした。

そして、9月の赤坂ACTでの歌舞伎公演も行く事が決定!!

観劇の話を聞かされた叔母が行きたくなったみたいで
ママを説得?口説き落とし?3人で行く事になりました。
叔母は平日で仕事なのに休むみたい。
なぜか「休むんだぁ~♪」とはしゃいでおりました。

こんなに早く赤坂ACTに行く事になるとは…
新劇場楽しみです!!

そして、今年の観劇は
2・4・5・6・7・9・10月・・・

もう、さすがに増えないでしょう。

来年の「ムサシ」に向け、貯めないと!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

何日ぶり??

いやぁ〜また久々になってしまいました(((^_^;)

旬くんばり?!


ココを覗いてくれる方々には心配だけさせてしまいましたが…


22日の担当披露宴は無事に終わりました★


笑いあり…涙あり…
私はもらい泣きを堪えるのに必死でした(((・・;)


あるスタッフから…
『良いパーティーだったんだね!』
『だって、皆帰る時は目が赤かったもん!』って

その人はパーティー自体は見てなかったんだけど…
そう言ってくれた。

飽きる程、パーティーを見てる上司も
『良いパーティーだったんじゃない?!ゲストの方も喜んでたし!』
って言ってくれて…

もっとこうしたら良くなるんじゃないか?!
みたいな発言をしてくれる人もいて…
なんだか、嬉しかった♪


新郎新婦とこの先もずっと良い関係を続けられたら…と思う。


↑これはパーティーを成功させるより難しい事だと思うけど。


自分自身の事を考えると、ダメダメで凹む一方だけど
今回も仲間に助けられ、お客様に助けられ…って感じだった。


もっと、もっっっっっっと
自分のキャパを広げて!
素敵な自己満足じゃないパーティーを作りたい!

私を気にかけてくれた皆様
本当にパワーをもらえました!
ありがとう(・o・)ゞ

心強くて、暖かい気持ちになれ…
自分を信じていく事が出来ました!


昨日、今日と休みでリフレッシュ出来て…
昨日は歌舞伎を見て来たからまたレポります(^-^)v

鋼太郎さんの舞台のもレポらなきゃ♪( ̄▽ ̄)ノ″

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

正解

私の仕事に『正解』はない…。

でも『正解』を信じて、進むしかないのも事実。

『正解』がないからこそ、追い求める…

そんな中で…
お客様の【笑顔】をバロメーターにしてる。
例え『正解』を導く『方程式』はなくても
【笑顔】を見る事が出来たら
少し『正解』に近付けたのカナ?!って思う。


今日、4月末にパーティーをしたお客様からメールをもらった!
パーティーの時の写真付きで\(^-^*)

もちろん、終わってすぐにもらえるメールも嬉しい♪
でも、パーティーをして1ヶ月も経ってからのメール…

なんだか、文章がリアルに感じるの…
わざわざメールをくれた。
その事実が何より嬉しい。
もぅ…放っておいても良い事なのに。
わざわざ『ありがとう』って気持ちを届けてくれた…
なんだか、その時のパーティーはお客様にとって
『正解』になったのかなぁ?!って思う。

…正解って語弊がある?!
正解はお客様の満足感で、得られると思ってる。
私たちがしたサービスで満足感をお客様が感じたら
その日は『正解』

でも、違うお客様に同じサービスをして
『不正解』の場合はある!

そこがサービスの難しさであり、楽しさなんだろうな…


私は、私やウチのお店を選んでくれたお客様には
【笑顔】になってもらいたい(>_<)

【笑顔】=『正解』
コレが私のテーマなんだろうな…

新郎新婦やゲストの人が、本当に楽しんで【笑顔】になる!
そんな時間を作りたい!


22日は披露宴…
いつも担当する2次会とはやっぱり違う。
お客様に掛ける気持ちは変わらなくても…
掛ける時間が必然的に違うから…
責任の大きさも違うし…
やっぱり、思い入れは変わってしまうのかな。。。

別け隔てなく同じにしたいが…
やっぱり、頂く額も何倍にもなると、責任や仕事のウェイトが変わってしまう。

ちょっと矛盾する部分はあるんだけど…

根本にあるお客様への気持ちは一緒だから!
私は大丈夫!って思える。


この先もこの気持ちは変えずにいきたい(>_<)

ある種の目標なのかもなぁ〜〜


…久々すぎる更新ですが、心配してくれた皆様。
いつも見守ってくれて…本当にありとぅ〜〜〜す♪

今はキャパオーバー寸前ですが、
楽しんで向き合ってます!
私がまず楽しまないと、感情はお客様に伝わってしまうから…
へこたれたらSOSしますm(__)m
その時は優しく頭をなでてください(i_i)\(^_^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »