2007年9月16日 (日)

秋空。

昨日は久々にご前中から出かけてきました!

行き先は・・・「スキヤキウェスタンジャンゴ」舞台挨拶♪

旬君は来なかったけど・・・相変わらず桃井かおりさんは素敵でした★

内容は→言いませんが。

個人的な感想としては、予想外におもしろかった。って事。

三池作品は初だった為か「この監督の撮り方はおもしろい!」と思った。

そして10月27日公開の「クローズZERO」へ期待が高まりました!

映画を見た後は・・・場所を渋谷へ変えて「Bunkamura」へ

マネージャー1号さん情報の「カリギュラ」ポスターを見に行ってきました!

カリギュラのポスターしかも全身ver!!

貼り出されているであろう場所へ行くと・・・ない!

他の場所を見ても・・・・ない!

チケットセンターの所にしか貼り出されてなく・・・・他にはドコにもない(ToT)

半ば諦めて、劇場の入口の方へ行くと・・・・・!!!!!!

ありました!

貼り出されてはいないけど、A4サイズのお持帰りver!

興奮してしまい、ファンメールに投稿する手も震えてた(どんだけぇ~)

お近くの人は是非行って、GETしていただきたい!

今までに見た事のない表情の旬くんですね。

そして、驚くほどの(修正されてるけど・・・)綺麗な身体!

セクシーだけどいやらしくない!ホントに綺麗♪

舞台への期待も増すばかり!!

明日はSMAP×SMAPだし!

明後日はいよいよ「りの君」最終回!バッチリ録画して集中しま~す!

最近買ってみました。↓

シェイクスピア全集 (4) 夏の夜の夢・間違いの喜劇

買ったきっかけ:
DVDで「間違いの喜劇」を見て、より内容を知りたくて買った。

感想:
蜷川さんは「本(脚本)はおもしろくない!」とおしゃっていたけど
私はDVDで舞台を見ていたからか面白くて凄く楽しめた。
ラストの家族が再会するシーンは電車の中で泣きそうになった。
映像が走馬灯の様に浮かんできたなぁ〜

おすすめポイント:
DVDで見た後に本を読んだから頭の中で「役者」さん達の声で台詞が流れてた。
より感情移入した感じはあったな・・・。
是非ともDVDを見てから読んでみてもらいたいな・・・。
ちなみに「真夏の夜の夢」はこれから読みます。

シェイクスピア全集 (4) 夏の夜の夢・間違いの喜劇

著者:W. シェイクスピア

シェイクスピア全集 (4) 夏の夜の夢・間違いの喜劇

シェイクスピア全集 12 タイタス・アンドロニカス (ちくま文庫)

買ったきっかけ:
これも間違いの喜劇と同じ経緯で「購入」

感想:
DVDで舞台を何度か見ても、イマイチ腑に落ちない点となよく理解出来ない点があり本を読んだ。。。
「そうなのね・・・」などとうなづきながら読んでしまった。
より一層、感情移入も出来、理解も出来たと思う。

おすすめポイント:
やっぱり、DVDと合わせて楽しんでもらえたらいいのかな?!と個人的には思う。
本が苦手な私でも楽しめた本です。

シェイクスピア全集 12 タイタス・アンドロニカス (ちくま文庫)

著者:シェイクスピア,松岡 和子

シェイクスピア全集 12 タイタス・アンドロニカス (ちくま文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月19日 (日)

今日から・・・

そして、また久々の更新です。

でも、1つ変えた事。

それは・・・心のモヤモヤのゴミ箱として作ったブログだけど

これからは、同じモノを好き・同じ人を好きな人との交流の場として

このブログを活用出来たらな・・・と思います。

・・・ってココに何人の人が来てくれるかは分からないけど。

今まで誰にもこのブログの事は明かさずに来たから、

これからは公表して行きたいと思います。

内容もダークな日もあるかもだけど、自分のテンションの上がる様な

そんな、趣味とかを色々な人と情報交換したり出来ると良いな☆彡

イキナリですが!最近、読んだ本を紹介します(*^。^*)

チルドレン (講談社文庫 (い111-1))

買ったきっかけ:
雑誌か何かのインタビューでVスリー旬君が『読んでる』的な発言をしていて・・・
モロに影響されました(^_^;)

感想:
実はこの本が生まれて初めて買った『文庫本』なんです。
小説とかは嫌いでずっと読んでこなかったので。
でも、この本は読みやすく面白くすぐに読み終わってしまいました。
自分の中で本に対する認識が変わり『次は何を買おうカナ?!』
って思わせてくれる素敵な本でした。

おすすめポイント:
本嫌いの私が『読みやすい!』『面白い!』って思わせてくれた本でした。
・・・短編なんだけど、長編でもある。
そんな内容が読みやすく面白かったです!

チルドレン (講談社文庫 (い111-1))

著者:伊坂 幸太郎

チルドレン (講談社文庫 (い111-1))

| | コメント (0) | トラックバック (0)